先天性奇形の発症を防ぐために葉酸を摂取する

妊娠はとても喜ばしいものですが、それに伴い胎児が健康に育ってくれるかどうか、不安を感じる人も多いでしょう。その中でも先天性奇形と呼ばれる障害に対して、そのリスクを低減させられるなら、誰もが低減させたいですよね。

最近では、妊婦さんの葉酸不足が原因で先天性奇形のリスクが高まると言われていますので、葉酸を上手に摂取する事が出来れば、先天性奇形のリスクが低くなると言えます。

先天性奇形とは

口蓋裂・唇裂・無脳症・ダウン症などの障害のことを先天性奇形といいます。100人中4人の胎児にこのような障害が出る可能性があると言われています。染色体異常や遺伝子が2割~3割関係していることも分かっており、その他には妊娠中などに抗生物質や睡眠薬などを摂取していた場合も、危険性があります。

母親の遺伝子や元々持っている疾患、被ばくの有無などによって、先天性奇形のリスクが高まるので、母親の体調がとても重要視されています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足していると、先天性奇形になる可能性があります。妊娠中して間もなく流産してしまうこともありますし、10か月お腹の中で育っていき、出産をしてから奇形が見えてくるということもあります。

体の1部が無いという奇形も存在していますので、生まれてから育児を放棄してしまう人もいるくらいです。このような母と子を増やさない為にも、葉酸を常日頃摂取しておくのがベストでしょう。

奇形因子を予防する葉酸の効果

染色体の異常があると、胎児がほとんど育たない状態で流産することもあります。またそのまま染色体異常が原因の奇形が発生することがあります。奇形因子を持っていた胎児というのは、特になにか異常が見つかる前に流産してしまうので、この奇形因子を予防さえできれば、健康な赤ちゃんに出会える事が分かります。

赤ちゃんが成長する為の、細胞分裂が正常に行えるように、葉酸の栄養素は必要不可欠です!妊娠前から妊娠中は不足させないように気を付けていてもらいたいものです。葉酸の力で健康な赤ちゃんに巡り合いたいものですね。

関連記事

このページの先頭へ