妊活中に飲みたいノンカフェインのお茶5選

お茶に含まれるカフェインは、身体を冷やす作用があります。飲み過ぎると内臓や子宮を冷やしてしまい、妊娠の確率を下げてしまいます。そのため、妊活中はカフェインの含まれる飲料の摂り過ぎには注意する必要があります。

しかし、お茶の中にはノンカフェインで、妊活にとって役立つ成分を含むものもあります。そこで、ティータイムに楽しみつつ、妊活にプラスに働くお茶を5つ紹介していきます。

ただし、お茶の効果を期待するあまり飲み過ぎたりしないようにしましょう。

ルイボスティー

妊活中の飲み物として定番になりつつあるルイボスティー。人気の理由は、もちろん妊娠しやすい身体づくりに役立つから。そして、ノンカフェインです。

味も非常に飲みやすく、全くクセがありません。苦味、渋みのない紅茶という表現が分かりやすいでしょうか。

卵巣の機能の向上や卵子の質を高めてくれる

ルイボスティーには「SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)」という酵素が含まれています。このSODには、強力な抗酸化成分が含まれていて、活性酸素を除去してくれる働きがあります。

体内で活性酸素が過剰に増えると、卵巣機能の低下を招いたり、卵子の老化を進めてしまう原因となります。しかも、この活性酸素は、ストレスや紫外線、汚染された空気や食品添加物など、普通に生活しているだけで増えてしまうものです。

そんな妊活に悪影響を与える活性酸素を、ルイボスティーを飲むことで除去することが出来る。ということで、妊活中の定番のお茶となっています。

たんぽぽ茶

こちらもノンカフェインで安心して飲めるお茶です。クセのない味で、食事中にも飲みやすいと思います。が、メーカーによって結構味が異なるので、好みのものを探す必要があります。

コーヒーが好きな人は、たんぽぽの根を焙煎した、たんぽぽコーヒーというものもあります。たんぽぽ茶と同じくノンカフェインです。

ホルモンバランスを整えてくれる

カフェインを避けるためという理由で、たんぽぽ茶を飲む人も多いですが、実はたんぽぽ茶も、妊活にとってプラスになるものです。

実際に、不妊治療のクリニックでもたんぽぽ茶を勧めている医院があります。ホルモンバランスを整えてくれるので、生理不順や排卵障害の改善。毛細血管の拡張作用によって冷え性の解消などの効果が期待出来ます。

黒豆茶

黒豆(黒大豆)をお湯に入れて、蒸らして飲むのが黒豆茶です。こちらもノンカフェインです。豆のまま淹れるものと、粉砕してティーパックに入れ抽出する方法とがあります。

淹れ方で味が変わりますが、麦茶を香ばしくした感じのお茶です。クセもなく、飲みやすいと思います。

黒豆にはイソフラボンがたっぷり

黒豆茶には、大豆イソフラボンがたっぷりと含まれています。これが、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるので、妊娠しやすい身体づくりに一役買ってくれます。

大豆イソフラボンの摂取で出生率が高まったという海外での研究結果もあるほどです。ただし、過剰摂取は女性ホルモンのバランスを崩してしまう可能性もあるので、妊活に良いからといって、飲み過ぎはいけません。

ローズヒップティー

ノンカフェインのハーブティーです。ハーブは種類によって妊活に良い効果をもたらすものと、そうではないものがあります。ブレンドされたハーブティーを適当に選んではいけません。

スーパーでも手に入りやすいローズヒップがオススメです。味は初めて飲むときは、驚くと思います。酸味が強く、後から甘みがやってくる感じ。

ハーブティーに関しては、妊活ブレンドという名前で商品化しているお店もあるので、そういったものを選んでも良いと思います。

ローズヒップはビタミンCの宝庫

酸味が強い味と書きましたが、それもそのはずで、ローズヒップにはビタミンCが豊富です。このビタミンCには、ストレスを緩和してくれる作用があります。慢性的なストレスは不妊の原因にもなるため、ビタミンCは不足させてはなりません。

軽視されがちなストレスですが、脳がストレスの処理に追われていると、生殖ホルモンの分泌が正常に出来なくなるというのは、研究で結論づけられています。

毎日のストレス対策に、ローズヒップティーはおすすめです。

麦茶

麦茶はノンカフェインなので、飲んでも大丈夫です。誰もが馴染みのあるお茶なので、飲んでも平気と言われると安心できますね。

1つ注意したいのは、冷やした麦茶をガブガブ飲まないこと。麦茶は冷やして飲むことの方が多いかもしれませんが、妊活中は身体を冷やさないためにも、ホットで飲むようにしましょう。

残念ながら、麦茶は妊活にとってプラスになるような効果はありません。純粋にお茶として、美味しく飲んで楽しみましょう。

まとめ

妊活を始めて、カフェインが摂れなくなってしまい、毎日のティータイムが味気ない。そんなときに、ここで紹介しているものを試してみて下さい。

また、妊活に対しての効果を期待して飲むなら、ルイボスティー、たんぽぽ茶、黒豆茶の3つがブレンドされているものもあります。

ただ、効果を期待してしまうと、飲むことが義務付けられてしまうようで、心から楽しむことが出来なくなるかもしれません。毎日飲むのは妊活サプリ。ノンカフェインのお茶は、リラックスしたいときにどうぞ。

このページの先頭へ