妊娠力アップにマカが効く?マカに期待できる妊活効果と注意点

マカというと、男性が疲労回復や滋養強壮、精力増強のために摂るもの。というイメージがあるかもしれません。

しかし、マカは男性のためだけのものではありません。

妊娠を望む男女ともに、マカは嬉しい効果が期待できる植物です。マカの妊活への効果を、男女別に詳しく紹介します。

マカは、薬理効果が期待されるベンジルグルコシノレートをはじめ、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、豊富な栄養素を含む植物です。

そんなマカが、なぜ多くの妊活サプリに配合されているのか。妊娠を望む女性にとってどんな効果が期待できるものなのかを見ていきましょう。

女性ホルモンの分泌を促す

マカの大きな特徴に、女性ホルモンの分泌を促したり、バランスを整える働きがあります。

ホルモンバランスが崩れている方のサポートに適しているので、妊活だけでなく、生理不順やPMSなどの悩みにも効果的とされています。

また、マカはホルモンの原料となるタンパク質の合成に欠かせない必須アミノ酸も豊富です。

食事だけでは不足しがちな必須アミノ酸を補うことで、体内でのホルモン合成をスムーズに行えるようにもなります。

ホルモンバランスと妊娠との関係

女性が妊娠しづらくなる原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあげられます。

女性の体内では複数のホルモンが増減を繰り返し、一定のリズムを作っています。そして、その影響を受けながら、卵子が成長したり、排卵が起こったり、生理が始まったりします。

この複数のホルモンが作り出す絶妙なバランスが崩れてしまうと、卵子が十分に育たなかったり、排卵が起こらなかったり、生理不順になります。こうした場合はまずホルモンバランスを整えることが大切です。

血行を促し、冷え性を改善

マカには、自律神経の機能を整えたり、血行促進する働きがあります。これらの効果は、妊活に悪影響を与える冷え性を改善するのに効果的です。

血行が良くなり冷え性が改善されると、全身に必要な栄養素がしっかり行き渡るようになります。

妊娠するためには、子宮や卵巣など身体の機能を整えることも必要不可欠です。冷えを自覚している方は、マカを摂ることで冷え改善を目指していきましょう。

抗酸化成分が卵子の質をサポート

マカには強い抗酸化作用を持つポリフェノールが多く含まれているので、身体の酸化を防ぐ働きも期待することが出来ます。

身体の酸化は、卵子の質の低下にもつながるため、抗酸化成分を摂ることは妊活にとっても大切なことです。

酸化を促す原因となる活性酸素は、紫外線やストレス、添加物など、避けられないものばかり。それらから卵子を守るためにも、マカが役立つということになります。

男性に対するマカの効果といえば、とにかく性に対して前向きで力強くなるようなイメージがありますよね。

それが間違っている訳ではありませんが、もう少し具体的に、男性の妊活に対してのマカの効果を見ていきましょう。

精子の質を高める

マカには様々な栄養素が含まれていますが、中でも男性が注目したいのは亜鉛、ビタミン類、アミノ酸、脂質です。

これらは精子や精液を作るのに必要不可欠な栄養素で、不足してしまうと、十分な量の精液を作れなかったり、精子数の減少、運動量の低下などの原因となります。

これらをまとめて補えるのが、マカを摂取するメリットの1つです。少しでも妊娠しやすいように、質の良い精子をつくれるよう心掛けていきましょう。

軽度EDの改善

マカの効果としてよく知られているのがED改善効果です。マカを飲むといえば、この男性としての力強さを取り戻す、というイメージが強いのではないでしょうか?

EDは様々な原因がありますが、20~30代の男性であれば、年齢的な問題よりも、慢性的な疲労や、仕事のストレス、プレッシャーなどが考えられます。

身体も心も疲れている状態だと、妊活に対して精力的になれなかったり、男性機能が低下して最後まで頑張れないということにもなりかねません。

マカには、精子をつくる材料となる栄養のほか、男性機能の改善が期待できるベンジルグルコシノレート。血流を促すアルギニンなど、軽度EDの改善に役立つ栄養が充実しています。

精力アップ(性交回数を増やす)

EDに対する効果と同じぐらい、マカが精力アップに良いことも有名ですね。

マカに含まれる成分が男性ホルモンの分泌を促し精力を増強。そして、男性としての自信回復にもつながります。結果、パートナーとの行為も前向きになることが出来ます。

豊富な栄養成分による疲労回復やストレス緩和と併せ、体力面と精神面から男性の妊活をサポートしてくれるのがマカの魅力です。

ここまで見てきたように、マカは妊活にとって嬉しい効果が期待でき、非常に心強いものです。しかし、良いこと尽くめというわけではありません。

栄養成分が豊富なマカだからこそ、摂取する際に注意すべきポイントをご紹介します。

摂取目安量を守り、過剰摂取に注意

マカには、鉄、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、バリンなど、非常に多くの栄養素が豊富に含まれています。

栄養素は不足すると欠乏症になることもありますが、摂り過ぎると過剰症のリスクがあります。

早く妊娠したいという焦りから、マカを過剰に摂取してしまうと、思わぬ体調不良に見舞われる場合があるので、摂取目安を守って飲み続けましょう。

複数のサプリを飲んでる場合は、成分の重複にも注意

女性は、貧血予防のために鉄分サプリを飲んでいる方も多いと思います。鉄分は妊娠しやすい身体づくりにも大切な栄養ではありますが、摂り過ぎも良くありません。

鉄分サプリを飲んでいるところに、さらにマカサプリをプラスしてしまうと、配合量によっては過剰摂取になる危険性もあります。

自分が飲んでいるサプリには、どんな栄養がどのぐらい配合されているのか。妊活サプリを始めるなら、その機会に見直してみると安心です。

ホルモンバランスに作用するため妊娠後の摂取は控える

マカはホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。言い換えれば、女性ホルモンに影響を与える植物ということです。

女性は妊娠すると、妊娠状態を維持するために、妊娠中特有のホルモンが分泌されるようになります。そのため、妊娠前後でホルモンバランスは大きく変化します。

万一、このバランスが大きく崩れると、妊娠状態を維持できなくなる恐れもあります。デリケートな時期だからこそ、マカを摂取することで不用意にホルモンバランスを刺激しないようにしましょう。

マカの摂取はサプリ以外の選択肢が無い

男性にも女性にも嬉しい効果が期待できるマカですが、日本ではサプリ以外にマカを摂る手段はありません。

ペルー産のほか、日本産のマカもありますが、量が少ないうえに、サプリの原料として栽培されているものです。そのため、食用として市場に出回ることはありません。

サプリを好ましく思わない方もいると思いますが、マカを摂取したいならサプリを利用するしかないのが現状です。

パートナーと一緒にマカを摂って妊活に取り組もう

マカは栄養豊富で、食事だけでは不足しがちな、アミノ酸やビタミン、ミネラル類を含むほか、マカ特有の成分であるベンジルグルコシノレートも含有しています。

それらの栄養成分を補うことで、以下のような効果を期待することが出来ます。

女性

  • ホルモンバランスを整える
  • 血行をよくして冷えを改善
  • 強い抗酸化作用で卵子の質を高める

男性

  • 精子の質を向上
  • 軽度EDの改善
  • 男としての自信や力強さを取り戻すきっかけを与えてくれる

マカは薬ではないので、利用すれば確実に効果が得られるというわけではありません。

しかし、薬に頼らず、栄養面から妊活をサポートするなら、マカほど心強いものもありません。それに、夫婦で同じマカサプリを飲むことで、一緒に妊活しているという一体感も生まれると思います。

妊娠を望むなら、パートナーと一緒にマカを飲んで、妊活に励んでみては如何でしょうか。

このページの先頭へ