葉酸の上限量と過剰摂取

葉酸が良い!と言われたら、サプリメントをたくさん飲んだり、食事から葉酸を摂取したり、どんどん葉酸を摂取しよう!と思いますよね。しかし、葉酸をあまりにもたくさん摂取すると、逆に悪い影響が出てくることがあります。それが「過剰摂取」の危険性です。

摂取上限量とは?

1日に摂取していい「耐用上限量」というものがあります。葉酸に関しては1日1000μgと決められています。数値を見ると、こんなに摂取できないでしょ!?と思うかもしれませんが、サプリメントであれば1000μgを簡単に摂取する事が出来てしまうのです。

食事で葉酸を1000μg摂取しようと思ったら、莫大な量の食事を摂り続けなければいけませんので、まず簡単に上限を超えてしまう事はありません。しかしサプリメントで葉酸を摂取すると、1粒に400μgだった場合、3粒飲んでしまえばすぐに上限を超えてしまうのです。

何事も適量というのが1番とされています。葉酸も同じように1日に必要だと言われている量を守って摂取するのが望ましいですね。

過剰摂取の危険性と主な症状

一般的にサプリメントは薬品ではないので、副作用はないとされています。葉酸のサプリメントも副作用があるかと言われれば、薬ではないので無いといいます。しかし、過剰摂取をしてしまうと、やはり悪影響が出てくることがあります。

葉酸を明らかに摂取しすぎてしまった!という人が実感した症状があります。

  • 蕁麻疹
  • 発熱
  • 痒み
  • 呼吸障害
  • ビタミンB12の欠乏診断困難

このように、実際に葉酸の過剰摂取で症状を発症した人がいますので、妊娠を考える人や妊婦さんは特に注意してもらいたいと思います。

関連記事

このページの先頭へ