授乳期に推奨される葉酸の摂取量

妊娠する前からずっと葉酸を摂取してきて、出産を無事終えた女性は、そのまま葉酸を辞めていいのか?といいますと、授乳期間中も葉酸をサプリメントで補ってもらいたいと思います。

授乳期間に摂取する葉酸の推奨量は、今までと比較するととても少なくはなりますが、母乳に栄養が豊富に含まれるように、しばらくは母体が葉酸をしっかり蓄積させておく必要があるのです。

授乳期の葉酸摂取量

推奨される葉酸摂取量は、食事性葉酸で340μgとされています。このくらいの葉酸であれば、しっかりとした食生活を送り、野菜を一般的な量と比較して多めに摂取しておけば、葉酸が十分摂取できます。

しかし、授乳期の母親というのは、赤ちゃんの世話と睡眠不足などによって、家事をしっかりとこなす事が出来ない状態にあります。サポートしてもらえる状況であれば、少しは良い食生活を送る事ができるかもしれませんが、ほとんどは無理ですよね。

子育てと、葉酸の為の食事バランスをこの時期に両立させるのは、とても難しいことです。ですから、食事で摂取する葉酸はかなり少ない状態になりますので、サプリメントで補っていくのが、この時期も重要になります。

子育てと家事をしっかり両立させたい!と頑張りすぎると、とても大変なので、ここは無理をせず、サプリメントに頼る事も必要です。

授乳中にお勧めサプリメント

授乳の時期というのは、赤ちゃんにお母さんの栄養を母乳で与えていく時期です。つまり、お母さんが栄養不足になっていると、赤ちゃんに十分な栄養が行き届きません。葉酸はもちろんですが、その他に成長に必要とされるカルシウムや鉄分などを、一緒に摂取できるサプリメントがお勧めです。

お母さんの体調の回復にももってこいですし、赤ちゃんにも栄養がたっぷり行き届きますので、食事だけでは栄養不足だと感じる場合には、是非サプリメントで補って下さい。葉酸をサプリメントで摂取するのは、とても簡単で時間もかかりませので、試してみてくださ。

関連記事

このページの先頭へ