葉酸サプリの選び方

葉酸サプリメントは、通販はもちろんのこと、ドラッグストアやコンビニなどで簡単に手に入ります。価格も数百円のものから、高いものだと5,000円を超えるものまであります。

どれを選んだとしても、葉酸サプリメントと書かれているのであれば、間違いなく葉酸は配合されています。「それなら、安いものでいいや」と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

メーカーや金額によって、どう違うのか。また、どういった部分に注目して、サプリメントを選らべばよいのかを、見ていきましょう。

葉酸サプリを選ぶときに大切な3つのポイント

天然と合成の違い

食品由来の天然葉酸をポリグルタミン酸型。合成葉酸のことはモノグルタミン酸型。と区別されます。

そして、ココが肝心なのですが、厚生労働省が赤ちゃんの障害リスク低減のために摂取を推奨しているのは、合成葉酸であるモノグルタミン酸型です。

疫学研究で確認されている効果もモノグルタミン酸型の葉酸による結果であって、天然葉酸での効果は不明です。

また、合成葉酸の身体への吸収率が約85%に対して、天然葉酸は約50%しかありません。厚生労働省が推奨する摂取量400μgというのも、合成葉酸に対しての数値です。吸収率の良くない天然葉酸とイコールではない点も注意しなければなりません。

天然原料100%と書かれていると、凄く良さそうに感じると思いますが、葉酸サプリに限っては合成が推奨されています。

天然と合成の見分け方

成分欄、原材料表を見れば簡単に分かります。

モノグルタミン酸型(合成)葉酸

成分表記が「葉酸」

ポリグルタミン酸型(天然)葉酸

成分表記に葉酸の文字がなく、パセリやアルファルファ等の植物名、食品名が記載されています。


食品添加物の有無

葉酸サプリの安全面については、使用されている食品添加物を確認する必要があります。

葉酸の推奨摂取量は400μg、僅か0.4mgです。これだけだと、量が少なすぎてサプリメントとして成形できないため、必ず何かしら加えられています。

ここに何が添加されているかで、そのサプリの品質が分かるのです。

ベルタ葉酸の場合

野菜粉末や美容成分、ビタミン、ミネラル等の栄養成分が配合されています。賦形剤としては、安全性の高いセルロースやステアリン酸カルシウムを使用しているのが分かります。

大塚製薬「ネイチャーメイド 葉酸」の場合

乳糖、セルロース、ショ糖脂肪酸エステルが添加されています。原材料表は、JAS法で使用量順に表示するように定められているので、上記から、どんな成分の含有量が多いのかも読み取れます。

ネイチャーメイドは、1粒300mgあたりの葉酸含有量は200μg(0.2mg)ということなので、残りの299.8mgは添加物ということになります。

こう見てみると、葉酸サプリというよりも、添加物サプリという気もしてしまいます。

上記のネイチャーメイドにも含まれていますが、ドラッグストアなどで買う場合、特に注意しなくてはならない添加物として「ショ糖脂肪酸エステル」があります。

ショ糖脂肪酸エステル

食品用乳化剤として幅広く使用されているのですが、妊婦さんは注意が必要な添加物です。それは、このショ糖脂肪酸エステルが、胎児の染色体異常を引き起こすリスクがあるためです。

葉酸サプリメントは妊婦さんが摂るものであるにも関わらず、ショ糖脂肪酸エステルを使用しているメーカーは少なくありません。含有している場合は、原材料表に記載があるので、買う前に必ず確認しましょう。


葉酸以外に配合されている栄養成分

葉酸だけが配合されているのか。それとも、ビタミンやミネラルなどもバランスよく摂れるのか。など、商品によって配合されている成分は実に様々です。

あくまでメインは葉酸の摂取なのですが、妊婦さんが不足しやすい鉄分やカルシウムなどの成分も同時に補えるものの方が安心です。

また、ほとんどのサプリメントには、何かしらの添加物が加えられています。何種類ものサプリを飲むのであれば、1つにまとめてしまった方が、余計な添加物を摂らなくて済むというメリットもあります。

品質で選ぶなら

ドラッグストアに並んでいる葉酸サプリメントは、大手のメーカーですし、好きな時に買えて価格が安いというメリットがあります。しかしその反面、添加物が多く、安全面に配慮されているかも分かりません。

なるべく安全で品質の良い葉酸サプリが欲しいなら、通販で入手するしかありません。

ベルタ葉酸サプリ

厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型の葉酸に加え、妊婦さんが不足しがちなビタミン、ミネラルをバランスよく配合。

着色料や香料、保存料、漂白剤等無添加で、残留農薬や放射能検査も実施。間違いなく安心して飲める葉酸サプリです。

ララリパブリック

こちらもベルタ同様、モノグルタミン酸型の葉酸を使用し、ビタミン、ミネラルも偏りなく含有しています。

香料、着色料、保存料無添加で、安心のための検査体制もバッチリです。ベルタよりも栄養成分の種類は少ないですが、低価格なのが魅力です。

まとめ

  • 厚生労働省が推奨している合成葉酸(モノグルタミン酸型)を選ぶ
  • 使用されている添加物をチェックする
  • 葉酸以外に配合されている成分の確認

ほとんどの葉酸サプリはモノグルタミン酸型です。そのため、わざわざ記載されていない場合もありますが、100%天然原料のような書き方がされていなければ、それは合成のモノグルタミン酸型です。

各メーカーで最も異なる部分は、葉酸以外に配合、添加している成分です。葉酸は推奨摂取量が少ないため、サプリを成形する際に、必ず何かを加えなければなりません。どうせなら添加物でカサを増しているものではなく、妊婦さんに必要な栄養素が加えられているサプリを選びましょう。

価格ばかりに目を向けるのではなく、品質面や安全面も加味して葉酸サプリメントを選んでみて下さい。

このページの先頭へ