使用頻度の低いベビー用品はレンタルすれば費用を抑えられる

post026

出産準備に揃えるものの中には、本当に必要なものとそうではないものがあります。あれもこれもと、揃えていくと10万円以上。下手をすると20万円近くかかったという人もいます。

あったらいいけどなくても差し支えないものや、ほんの一時期しか使わないものもあったりと出産して赤ちゃんとの生活を過ごしていくうちに無駄だったなと思うことも多いものです。

出産準備では、必要最低限のものをまず用意してみる

赤ちゃんが生まれて本当に必要なものは、それほど多くはありません。まずは必要最低限のものを用意して、必要だなと思ったら後で買い足すようにすると無駄な買い物をせずに済みます。

赤ちゃんが生まれてからは、しばらく外出なんかできないと思うかもしれませんが、意外と初めてのお買い物の時期は早くやってくるものです。

また、必要なものは旦那さんやおじいちゃん、おばあちゃんにお願いして買ってきてもらうこともできるので必要最低限の買い物でも不安に思う必要は案外ないようです。

使用頻度が低いものはレンタルで

初めての出産の時には、赤ちゃんに関するものなら何でも欲しくてついつい購入してしまったという人も多いと思います。

しかし、二人目、三人目ともなると、ほんのひと時しか使わないものは購入せずにレンタルで充分という人が圧倒的に多いです。

レンタル可能なベビーグッズ

一般的にレンタルで充分だとされている物はベビーベッドやベビーバス、ベビースケール、ベビーラックまたはベビーチェアなどの自宅で利用するグッズです。

また外に出掛ける時に使用するベビーカーや車に設置するチャイルドシートなどもレンタルで済ます方もいらっしゃいます。

ベビーグッズの使用頻度

チャイルドシートやベビーカーは、長く使用するものですが、それ以外のものはほんのひと時しか使用しないものばかりです。

ベビーベッドは、必要だと思ったけどあまり利用せず、すっかり物置になっているという人が多くわざわざ購入する必要はなかったという意見が多いです。

ベビーバスやベビースケールも、本当に数ヶ月しか使わないもので、あっという間に赤ちゃんと一緒に入浴できるようになりますのでレンタルで充分です。

ベビー用品のレンタルはとってもリーズナブル

ベビー用品のレンタルは、1ヶ月あたり数百円から数千円のものばかりで長期のレンタルにするとさらに割引となることが多いので、ベビーベッドなど高額の商品はレンタルの方がお得です。

レンタルといっても、殺菌・消臭・脱臭を行っているショップがほとんどなので、清潔に使用することが出来ます。

スグに使わなくなるものはレンタルして、その分、赤ちゃんの肌着や洋服などに回した方がお母さんも楽しみが増えて良いですね。

レンタル料金の一例

ベビー用品 1ヶ月のレンタル料金
ベビーベッド 5,000円~
チャイルドシート 4,000円~
ベビーラック 4,000円~
ベビーバス 1,500円~
ベッドメリー 2,500円~
子守帯(抱っこひも) 3,000円~

レンタルショップによって、価格は異なります。上記価格は、ナイスベビーというネットショップの一例です。

破損時の保障・サポートを確認

赤ちゃんが使用するものなので、汚したり壊したりする可能性があります。そういったとき、どうすれば良いのか。レンタルする際は、汚れや破損時の弁償の有無や、保障サービスについて必ず確認しましょう。

車が2台以上あるご家庭なら

住んでいる地域にもよりますが、交通の便があまりよくない地域に居住している人の場合、自家用車は一家に一台ではなく、ひとり一台というところも少なくありません。

そんな時には、赤ちゃんが乗るメインの車には購入したチャイルドシートを設置して、たまに乗る車にはレンタルのチャイルドシートを設置しているという人も多いです。また、乗るたびにわざわざチャイルドシートを乗せ換える手間を省くために、レンタルしているという人もいます。


初めて出産する人にとって、ベビー用品を買うのはとても楽しいものです。それゆえ、ついつい無駄なものも買ってしまいがちになります。

レンタルで済ませられるもの。中古でも支障のないもの。など、費用を抑えられるところは抑え、長く使うものにはしっかりお金をかけるのが、ベビー用品購入のコツです。

関連記事

「出産準備」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ