無痛分娩って実際どうなの?メリットやリスク、費用のまとめ

赤ちゃんを産むときの痛さは鼻からスイカを出すくらい!なんて例えられることがあります。早く赤ちゃんに会いたいけど、陣痛や分娩の痛みが怖い。耐えられるか不安で夜も眠れない。

そんな方は、無痛分娩という選択肢も検討してみましょう。メリットばかりではありませんが、欧米では一般的な出産方法です。

芸能界では、タレントの松嶋尚美さんが無痛分娩で出産したことが話題になりましたね。

無痛分娩のメリットとリスク、必要な費用について、詳しく見ていきましょう。

無痛分娩は母体の負担を減らせるのが魅力

痛みを感じずに出産できるなら素敵!そう思いませんか?

母体の負担を少しでも軽くできる出産方法があるなら検討したいですよね。無痛分娩はそんな魅力的な分娩方法のひとつです。

最近は日本でも知られてきているので、知り合いの方のなかには「無痛分娩で出産したよ」という方がいるかもしれません。

無痛分娩はこんな人におすすめ

  • 痛みに弱い
  • 痛みで血圧が上がると危険がある
  • 体力面で不安
  • 出産の痛みや陣痛に対する恐怖感が強い
  • 逆子や双子などで帝王切開になる可能性が高い場合

出産時は、汗だくになり、必死の形相で歯を食いしばって、普段では想像できないような声をあげながら全身の力を振り絞って産みます。

しかも、出産はゴールではありません。無事赤ちゃんが産まれたら、スグに育児が始まります。

無痛分娩は、痛みに弱い方はもちろん、ママの身体のダメージ、負担を極力抑え、体力を残して育児に望みたいという方にもオススメです。

無痛分娩がどんなものか具体的に紹介

無痛分娩とだけ聞くと、全く痛みを感じることなく、スルリと赤ちゃんを産むことが出来、ママも赤ちゃんも元気いっぱい!そんなハッピーなイメージを抱くかもしれません。

しかし、それは少し期待し過ぎです。

完全に無痛になるわけでは無い

無痛分娩というのは、下半身に麻酔をかけて痛みを感じないような状態にしてお産をする方法です。しかし出産に関する痛みを全く感じないわけではありません。

出産には、陣痛、分娩中の痛み(赤ちゃんが産道を圧迫したり、会陰切開といった痛み)、後陣痛の痛み、会陰切開などの傷が治るまでの痛みなど、色々な痛みがあります。

無痛分娩というのは、こうした様々な痛みの中のひとつ「分娩中に感じる痛み」を麻酔によって感じなくするものです。全ての痛みから解放されるわけではありません。

麻酔の聞き具合

麻酔が効いてくると、陣痛が弱くなったと感じたり、赤ちゃんが産まれた瞬間がわからないというくらい痛みを感じなくなります。

ただし、出産の圧迫感はありますし、触られている感じは伝わってきます。また、麻酔の効き具合は人それぞれと言われています。

欧米ではメジャー

日本では、まだまだマイナーな無痛分娩ですが、欧米では一般的に行われている出産方法です。

「何でわざわざ激痛を感じながら産まないといけないの?」と日本の出産スタイルが疑問視されるぐらいメジャーなものです。

そこには、無痛分娩費用の負担が非常に軽いこと、病院のバックアップ体制、従事する医師の専門性など、日本とは異なる事情も関係しているのだと思います。決して日本が遅れているというわけではありません。

無痛分娩のメリットとリスク

無痛分娩は良いことばかり!のように感じるかもしれません。確かに痛みについてメリットが大きいのですが、麻酔を使用するので、その分リスクもあります。

無痛分娩のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 痛みが軽減され、精神的・肉体的な負担が少なくなる
  • 計画分娩になるので、「いつ産まれるかわからない」「急に陣痛が来て困った」ということがありません。
  • 全身の体力を使い果たすことがなくなるので、産後の床上げや育児に対する負担が減る
  • 立ち会い出産の際、「痛みのあまり、ひどく取り乱して想像を超えるような醜態をさらしてしまった!」ということが無くなる

デメリット

  • 血圧低下や頭痛、嘔吐といった副作用から、体の麻痺などの後遺症が現れる重篤なもの、そして死亡事故という取り返しのつかない例も報告されている
  • 麻酔をすると痛みを感じなくなるため、いきむ力が弱まったり、いきむタイミングをママが掴めなくなることがある
  • いきみで押し出す力が弱くなってしまうため、分娩時間が長引く場合がある
  • 母体と赤ちゃんのタイミングが合わず、吸引分娩や帝王切開になる例もある

無痛分娩のリスクに関しては、産婦人科の医師から、直接説明してもらい、無痛分娩を選択するかどうかを判断して下さい。

上記のようなリスクがあるのは確かですが、WEBの情報だけで、無痛分娩を選択肢から除外するのはオススメしません。

無痛分娩を実施しない産婦人科もある

産婦人科の中には、無痛分娩を実施していない産婦人科もあります。これには、麻酔のリスクと病院のバックアップ体制が大きく関係しています。

妊婦が出産するときの麻酔は、本来は産科麻酔専門医が担当します。しかし、日本ではこの麻酔医の数が圧倒的に足りていません。

また、分娩を取り扱う産婦人科も減少傾向にあります。

24時間体制で対応しなければならない分娩、麻酔という高度な技術、医師の数、分娩中の不測の事態に対応する病院の体制など、無痛分娩には高いハードルがあるのも事実です。

無痛分娩の費用

無痛分娩の費用は、自然分娩よりも高くなります。出産育児一時金の範囲内で押さえようと考えている方は難しいかもしれません。

個人病院、総合病院、大学病院など、病院によって異なりますが、5~15万円くらい多く費用見ておく必要があります。

また、万一無痛分娩が上手くいかないと、無痛分娩費用+吸引分娩費用+帝王切開費用というように、どんどん費用が上乗せされていくケースもあって「フルコースになった!」ということも。

なお、産科麻酔専門医のいる病院、設備が整っていて医師の数が多い病院を選ぶと上乗せされる費用がより高くなる傾向にあります。

費用を第一に考える方は無痛分娩の上乗せ費用が大きな負担に感じられるかもしれません。

産婦人科の医師、家族と相談して決める

無痛分娩を希望する場合、必ず事前に家族や医師と相談する必要があります。

「やっぱり、無痛分娩を希望しますのでよろしく!」と予定日直前に本人が望んでも、それは叶いません。

計画分娩になるため事前に希望を伝える

無痛分娩は、予め分娩の日時を決めて出産する計画分娩です。

赤ちゃんが産まれそうになる状況を作り、子宮口が一定以上開いてから麻酔をかけ、出産となります。

病院の都合と妊婦や家族の都合を付き合わせて、計画的に分娩することになるので、希望がある場合は事前に家族と話し合っておきましょう。

病院を探す、紹介してもらう

無痛分娩を希望する場合、重要なのが病院選びです。オススメは、産科麻酔専門医がいる病院です。そして無痛分娩の実績があるところを選びましょう。

こうした病院探しは妊娠初期から行います。今は分娩を取り扱う産婦人科が減っていて、早期に分娩費用の頭金を納付して分娩予約しないといけないケースもあります。

プレママ仲間やママ友の体験談を聞くのもいいですし、産婦人科医に尋ねて無痛分娩の実績の多い産婦人科を紹介してもらいましょう。

まとめ

欧米ではメジャーな無痛分娩は、妊婦さんの肉体的、精神的負担が軽くなるお産の方法で、日本でも選択する人が増えています。

しかし、麻酔の副作用や事故のリスクに加え、産科麻酔専門医が不足しているため、しっかりと準備をしなければなりません。

また、計画分娩となり出産する日が予め決まってしまうので抵抗を感じる人もいます。

リスクもありますが、メリットも大きい無痛分娩。病院や家族、そして自分の身体や心のことを総合的に考え、無痛分娩もひとつの選択肢として持っておきましょう。

関連記事

「出産準備」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ