母乳育児のために妊娠中から出来る準備と心構え

post037

何もしなくても、出産したら母乳は出るもの。と思っているかもしれません。

でも、実際にはスムーズに母乳が出るママさんというのは少数派。なかなか出ないで苦労したという声の方が圧倒的に多いです。

母乳育児を考えているなら、少しでも母乳を出しやすくするために、妊娠中から出来るケアを行っていきましょう。

出産後、スムーズに母乳育児をするために

post037-01

ママになれば母乳は勝手に出るもの。赤ちゃんは本能的におっぱいを吸って(飲んで)くれるもの。と思って母乳育児を考えていると、その時になって慌てることになるかもしれません。

出産後に良くある母乳に関する悩み

  • 母乳が出ない、出が悪い
  • 授乳による乳首の吸い傷、水泡の痛みが酷い
  • 赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれない

このような母乳育児の悩みを、少しでも減らすために、妊娠中からおっぱいのケアと授乳の準備をしておきましょう。

妊娠中から出来る母乳育児の準備

乳頭ケア

乳首をマッサージして柔らかくしておくことで、赤ちゃんが吸いやすくなります。また、授乳による赤ちゃんの吸い付きで、乳首が切れたり、水泡が出来るのを防ぐ効果もあります。

  • 乳首を傷めないため
  • 赤ちゃんがおっぱいを上手く飲めるようにするため

おっぱいを与える楽しい時間を、痛みに耐える時間にしないために、妊娠中から乳頭のトレーニングをしておきましょう。

ケアのやり方

カレンデュラオイルやベビーオイルなどを使用してケアしていきます。

親指、人差し指、中指の3本で乳首の根元をつまみ、圧迫したり、引っ張ったり、軽く捻ったりを繰り返して刺激します。痛みを感じない程度の強さで、刺激に慣らします。

また、乳首が固い人は、ほぐすような気持ちで、入念にケアをしていきましょう。

赤ちゃんが吸いづらい形の乳首のケア

乳首が平らで吸い付きにくい扁平乳頭や、外側に乳首が出ていない陥没乳頭の場合は、乳頭吸引器などを使って、赤ちゃんが乳首を吸えるように突出させます。

ご自身の乳首を見て、赤ちゃんが吸いづらい形と感じるなら、産婦人科で相談するのが確実です。一般的には、長さ1cm前後、耳たぶぐらいの柔らかさが吸いやすいと言われています。

おっぱいマッサージ

おっぱいをマッサージすることで、母乳の分泌を促します。おっぱいの基底部(土台部分)を動かすようにマッサージすることが大切です。

血行が良くなる入浴中や、入浴後のタイミングで行うと効果的です。

マッサージのやり方

  1. 胸を張り、左右の乳房を下から両手で持ち上げるようにして、優しくマッサージする
  2. 乳房を片方ずつ、両手で包み込むようにしながらマッサージする

母乳のための栄養・水分を摂る

母乳は血液から作られているので、母体の栄養バランスや血行を良い状態にしておくことも大切です。出産前からしっかりと栄養を補い、授乳に備えておきましょう。

母乳に良い栄養を摂る

post037-02

厚生労働省によると、授乳中は通常よりも350kcal多い、1日2,300kcalのエネルギー摂取を推奨しています。

和食を中心に、バランスの良い栄養を心がけることが大切です。特に、鉄分とカルシウムは不足しやすい栄養素です。飲んでいる葉酸サプリに含まれていない場合は、食事から意識して摂る必要があります。

水分をしっかり補う

post037-03

妊娠中は、赤ちゃんの血液やキレイな羊水を保つために、多くの水分が必要になります。水分不足は血液ドロドロを招くため、血行が悪くなる原因になります。

母乳のためにも、妊娠中から血液をサラサラの状態にし、血流をスムーズにしておくことが大切です。

食事からの水分量を含めて1日2リットルを目標に。身体を冷やして血行を悪くしないために、常温の水を飲むようにしましょう。

身体を温める食事を意識する

post037-04

生野菜は身体を冷やしやすいので、味噌汁や豚汁、ポトフなど、温かい野菜をたっぷり摂れるメニューがおすすめ。身体を暖める定番の生姜を入れると、より効果的です。

また、果物はドライフルーツにすると、身体を冷やしにくくなります。妊娠中から血行を良くしておくために、身体を冷やさない食生活を心がけましょう。

いつごろからケアを始めればいいの?

post037-05

乳頭やおっぱいマッサージは、あまり早くから始めると、子宮収縮を促しお腹が張りやすくなるため、妊娠後期の28週目以降からで大丈夫です。

また、体調が優れなかったり、張り止めの薬を飲んでいる場合は、医師や助産師に相談してから行うようにしましょう。

すんなり母乳が出たらラッキーという気持ちでいよう

post037-06

母乳育児のために妊娠中から準備しておくことは大切です。だけど、いくらおっぱいのケアをしたからといって、絶対に出るというものでもありません。

母乳のためのケアをしながらも、スムーズに出たらラッキーだ。という気持ちで、混合栄養やミルク育児についても調べておくと、出産後に焦らずに済みます。

先輩ママさんも、授乳で苦労しているものです。身体だけでなく、気持ちの面でも、準備しておきましょう。

まとめ

post037-07

産後、母乳をスムーズに出す準備として、乳頭・乳房マッサージと、栄養、食生活について見てきました。

妊娠中から授乳の準備をするとともに、思うように母乳が出なかった場合のことを考えておくと、産後慌てたり、精神的に追い込まれなくて済みます。

授乳のことは産後に。と思うかもしれませんが、産後はナーバスになりやすいものです。完璧な母乳育児が出来なかったとしても、それが普通のことだと気持ちの面でも準備しておくことが大切です。

関連記事

「出産準備」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ