妊娠中の体重コントロールと太り過ぎのリスク

post025

妊娠中の過度なダイエットは危険ですが、妊娠中に太り過ぎてしまうと妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクとなります。また、難産になりやすくなり、帝王切開になる確率を高めてしまうため、適切な体重コントロールは欠かせません。

出産にとって理想的な体重の変化

妊婦さんは、赤ちゃんが大きくなるにつれ体重が増えるのは当たり前のことです。注意すべきは、その増え方。必要以上に太ってしまうことは、何も良いことがありません。

妊娠すると、突然食欲が増してしまったり、食の好みが変わり高カロリーのものが止められなくなったりすることもあります。注意しておかないと、どんどん太ってしまうということにもなりかねませんので、まずは適切な体重の増え方を知っておきましょう。

BMIからみる体重増加の目安

BMI ~18 18~24 24~
体重増加の目安 10~12kg 7~9kg 5~7kg

おおよその目安としては、妊娠から出産まで7kg前後の体重増加が最も理想的となります。また、急激な増加も危険で、1週間に500g以上の体重増加があると、妊娠中毒症のリスクとなるので、注意が必要です。

太っていない人の方が油断しやすい

痩せている人ほど、太りすぎる心配は無いと考えがちです。しかし、妊娠中の食の好みの変化などと合わせて、一気に増えちゃうという危険性があります。

妊婦検診で注意されるまで気付かないとならないように、自分の体重管理はしっかり行いましょう。

妊娠中に必要なカロリー

健康的な20代~40代の一般女性に必要とされるカロリーは、1日約1,800kcalと言われています。妊娠中には、この1,800kcalにプラスして妊娠期に合わせて増やしていくようにします。

妊娠初期

妊娠初期での摂取カロリーは1,800kcal+50kcalくらいと言われており、プラスされている50kcalが胎児へ供給されるエネルギーになります。必要な栄養は僅かに50kcalなので、妊娠前とほぼ同じだと思って大丈夫。

むしろお腹の赤ちゃんのため。と、余計に食べてしまうことの方が危険です。

ただし、つわりが苦しくて、全然食べられない日が続くのは良くありません。蓄えている栄養があるので、スグに危険とはなりませんが、食べたくなくても1,850kcalを目安に食べるようにしましょう。

妊娠中期

妊娠中期で理想の摂取カロリーは1,800kcal+250kcalくらいだと言われております。

つわりが落ち着いて、食欲が戻ってくる妊娠中期でも、必要なのは+250kcal程度。副菜を1品増やすぐらいで十分に摂取できるカロリーです。具体例としては、普通サイズのりんご1個とバナナ1本で300kcal弱です。

妊娠後期

妊娠後期に必要な摂取カロリーは1,800kcal+500kcalと言われています。初期のころと比べると胎児の体も成長しているため10倍の500kcalが必要です。

500kcalというと、ちょっと意識する必要があります。炭水化物やお菓子などで摂ろうと思えば簡単ですが、肉や魚(たんぱく質)、野菜、果物を増やして摂るのが理想です。

太り過ぎが及ぼすリスク

妊娠中の太り過ぎが及ぼすリスクについて詳しく見ていきたいと思います。

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)

母子ともに危険になる症状です。塩分の摂り過ぎが一番の原因ですが、太り過ぎも妊娠中毒症になりやすいので注意が必要です。

妊娠糖尿病

妊娠してから糖尿病を患う割合は、10人に1人とかなり高い確率で起こるものです。

妊娠中毒症になりやすくなるほか、胎児の巨大化による難産や、流産・早産のリスクが高くなります。発育不全や奇形になるケースもあります。

妊娠中はホルモンの影響で、インスリンが効きにくくなるため、通常よりも血糖値が上がりやすい状態になります。それが原因で妊娠中は糖尿病になりやすいので注意しましょう。

難産

産道周辺に脂肪がついてしまうことで、産道が狭まってしまい出産が難しくなります。お産が長引くだけでなく、帝王切開や吸引分娩が必要になる可能性もあります。

腰痛

妊娠後期になると、大きくなったお腹を支えるために腰に負担がかかり、腰痛に悩まされる妊婦さんが増えます。そこに、太り過ぎが重なると、余計に腰に負担を与えてしまいます。

妊娠線が出やすくなる

胎児の成長によってお腹が大きくなるだけでも妊娠線は出てしまうものなのに、太り過ぎも加わると、さらに妊娠線のリスクが高まります。

もっとちゃんとケアしておけば良かった…。と出産後に後悔する人が多い妊娠線。出来るだけ痕を残さないようにしたいなら、スキンケアと同時に太り過ぎにも気を付けましょう。

産後体重が戻りにくくなる

妊娠中は、脂肪を溜める働きを持つホルモンが分泌されるのですが、これは通常出産が終わると妊娠前の状態に戻ります。そのため、妊娠中に増えた体重というのは、普通なら自然に元に戻ります。

しかし、妊娠中に太り過ぎてしまうと、脂肪がつきやすい身体、太りやすい体質になってしまうことがあります。また、妊娠中に増えてしまった食欲を、そのまま引きずってしまい、出産後も元の体型に戻らないということも有り得ます。

産後のダイエットに苦しむことになるので、やはり太り過ぎることは良くありません。

体重が増え過ぎてる妊婦さんにオススメのダイエット法

定期健診のときに「太り過ぎなので、体重を落としなさい」と注意されてしまった…。なんていうときに、オススメのダイエット方法を紹介します。

とにかく、妊娠中はムリは禁物です。負担のかからないダイエット方法を実践していきましょう。

食事は炭水化物や糖質を優先して減らす

ご飯

食事制限をするなら、まず炭水化物と糖質を減らしましょう。これが一番栄養を不足させずに、摂取カロリーを減らすことができます。ご飯やパン、パスタなどを3食しっかり食べているなら、どれか1食炭水化物をやめましょう。

ただし、最近流行りの糖質制限ダイエットのように、極端に炭水化物を制限してしまうのは危険です。

運動するなら安全を優先して

ウォーキング

妊娠中、ダイエットのために運動をするならウォーキングが一番です。マタニティーヨガなども良いですが、ウォーキングは手軽だし安全です。

また、ウォーキングは骨盤周りの筋肉を鍛えることができるので、出産のときの手助けにもなります。血行も促されため、妊婦さんに多い肩こりや腰痛などの悩みの解消にもつながるなど、メリットがたくさんあります。

1日30分ぐらい、無理をしないように気を付けながら行いましょう。

ダイエット食品やサプリは要注意

ダイエットサプリメント

ダイエットドリンクや、カロリーカットサプリなど、ダイエット関連の補助食品は色々ありますが、ちょっと注意が必要です。

  • 人工甘味料や添加物が使われていることが多く、妊婦さんにとって安全とは言い切れない
  • ハーブ類は妊婦さんに危険なものがある

とにかく、ダイエット食品は低カロリーにするために、人工甘味料がたくさん使われています。妊婦さんが摂り過ぎると、胎児に悪影響を及ぼすリスクがあると言われているので、いくら低カロリーだからといって無暗に食べないようにしましょう。

妊娠中のダイエットには酵素ドリンクが最適

もし、何かダイエットをサポートしてくれるものが欲しいなら、優光泉という酵素ドリンクがオススメです。

妊娠中のダイエットに優光泉が良い理由

優光泉

  • 完全無添加
  • 使用されている原料は全て九州産の野菜
  • 放射線、残留農薬検査クリア
  • 妊娠中でも安心して飲めて、ダイエットに効果的
  • 酵素以外にも、ビタミンやミネラル、アミノ酸等、様々な栄養を摂取できる
  • 妊娠中の栄養補助としても活用できる
  • 妊娠中の便秘の悩みにも効果的

このように、妊娠中に酵素ドリンクを飲むのは、多くのメリットがあります。ただ、添加物が入っている酵素ドリンクも多いので、飲むなら優光泉を選ぶと安心です。

無理せず体重コントロールを心がける

とにかく、妊娠中は急激に体重が増減することが良くありません。和食を中心に、3食バランス良く食べていれば、太り過ぎるということはあまりないハズです。

もし体重を減らす方向にコントロールしなくてはならない場合は、炭水化物や糖質を制限して、よく歩くことを心がけましょう。

関連記事

「食事・栄養」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ