カフェインはダメ?妊娠中は避けたい飲み物

post018

妊娠中のカフェイン摂取はNGだという話は、もう結構有名ですよね。しかし、お腹の赤ちゃんのためとは言え、コーヒー好きの女性には少し酷な話しかもしれません。

ここでは、妊娠中のカフェイン摂取に潜む危険性とオススメしたい飲み物についてお話しします。

妊娠中に避けたい飲み物

妊娠中に飲んではいけないものは意外にたくさんあります。その中にはもちろん、カフェイン入りのものもありますが、それ以外の飲み物も含めて飲んではいけない物をご紹介します。

ビール、ワイン、酎ハイなどのお酒

post018-01

妊娠中のアルコール摂取について、詳しくは妊娠中のアルコール、お酒との付き合い方の記事をご覧下さい。

基本的にNGですが、お酒を我慢することが強いストレスになるようだと、それもまた胎児にとって悪影響となります。

もし飲む場合は、節度を持って飲み過ぎないように心がけましょう。

コーヒー、緑茶、栄養ドリンク、コーラ、紅茶など

post018-02

コーヒーや緑茶のようなカフェインが含まれている飲み物も妊娠中は禁止です。

カフェインが含まれる飲料は、なかなかわかりにくいこともあるので、よく調べてから飲むようにしましょう。

アンジェリカ、コルツフット、シナモンなど

post018-03

ハーブティーは妊娠にいいと言われていましたが、種類によってはNGなハーブティーもたくさんあります。

まだ知らないという妊婦さんでハーブティーを飲んでいる場合は、種類をちゃんと調べましょう。

カフェインはなぜダメなのか?

妊娠中にカフェイン飲料は控えた方がいいと言われますが、カフェインによってどのような影響があるのでしょうか?なぜ、妊婦さんはカフェイン飲料を控えなければいけないのかをここでご説明します。

カフェインによる赤ちゃんへの影響は?

カフェインはお母さんの口に入ると、胎盤を通り抜けて赤ちゃんにそのままのカフェイン濃度で届くことになります。肝臓機能がまだ発達していない赤ちゃんなので、カフェインを分解するのは不可能です。

それによって、赤ちゃんの体内にそのままの濃度でカフェインが残り、流産や死産のリスクが高くなるのです。

カフェインによる母体へ影響は?

カフェインは赤ちゃんだけではなく、お母さんの体にも悪影響を及ぼします。

お母さんは妊娠中なので、もちろん栄養バランスの取れた食事を心がけておられると思いますが、カフェインを摂取することでカルシウムと鉄分の吸収力がダウンするので、しっかり栄養を摂っているのにカルシウム、鉄分不足になってしまいます。その影響は、赤ちゃんにまで及ぶこともあります。

このようにカフェインは赤ちゃんにも母体にも悪影響を及ぼします。しかし、全く口にしてはいけないわけではなく妊娠中のカフェイン量は1日200mgまでと制限されていますからコーヒー1杯くらいなら大丈夫です。

飲み物と同様に、妊娠中は食べ物にも気を付けなくてはなりません。妊婦中に摂り過ぎると危険な8種の栄養素まとめも、ついでに確認しておきましょう。


逆に、妊娠中だからこそ積極的に飲んでほしい飲み物もあります。ここでは、妊娠中にオススメしたい飲み物をご紹介します。

妊娠中にオススメしたい飲み物

ルイボスティー

post018-04

ノンカフェインで亜鉛、カルシウム、鉄分が豊富なルイボスティーはとてもオススメです。

麦茶

麦茶もノンカフェインでミネラルが豊富です。


妊娠中の飲み物については、特に妊娠初期は神経質になりすぎてしまうとは思いますが、正しい知識のもと、母体にも赤ちゃんにもいい飲み物を飲むようにしましょう。

その他、妊婦さんに必要な栄養素については、妊婦さんに必要な10種の栄養素まとめもご確認ください。

関連記事

「食事・栄養」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ