ニキビや乾燥の悩みに!妊娠中の肌トラブルの原因と対策

post013

妊娠中は体調が不安定になることも多いですが、美容面でも変化が多く、特に肌荒れに悩まされる妊婦さんが多いです。妊娠中でもやはりきれいな肌でいたいですよね。

ここでは、妊娠中の肌荒れ対処法をご紹介します。

プロゲステロンとエストロゲン

post013-01

妊娠中の女性なら、女性ホルモンに対する知識はもう十分におありだとは思いますので、もちろん、「プロゲステロン」「エストロゲン」の2つのホルモン名はご存知だと思います。

実は、妊娠中の肌荒れには、この2つのホルモンのバランスが大きく関わっているのです。まずは、プロゲステロンとエストロゲンのそれぞれの特徴について着目してみましょう。

プロゲステロンの特徴

  • 女性の体を妊娠状態に維持する
  • 体温が高温になる
  • 乳腺の形成
  • 排卵~月経前に活発になるホルモン
  • 皮脂量が増えて肌荒れしやすい

エストロゲンの特徴

  • 新陳代謝を活発にして美肌を保つ
  • 生理周期を安定させる
  • ボディラインを美しく保つ
  • 生理終了後〜排卵日まで活発になるホルモン
  • 妊娠しやすくなる

このようにプロゲステロンとエストロゲンの特徴は全く逆なのです。この特徴を知っていれば、今はどちらのホルモンが優位になっているかを知ることができますね。

妊娠中の肌荒れの原因は?

妊娠中の肌荒れの原因は、プロゲステロンが活発になることです。先ほどお話しした通りプロゲステロンの特徴の中に肌荒れしやすいという部分がありましたね。

妊娠していない時は生理終了後〜排卵日までエストロゲンが優位で、排卵~月経前がプロゲステロンが優位になっています。つまり、生理前の状態が妊娠中の状態なのです。

生理前は肌荒れを起こしやすいですよね?そして妊娠もしにくいので、まさにこれこそが妊娠中と同じ状態だと言えます。プロゲステロンが優位に働く妊娠中の肌荒れにはどのように対処すればいいのかをご紹介します。

洗顔をしすぎないこと

皮脂が多く分泌されるからといって洗顔を念入りにしすぎるのはやめましょう。過剰な洗顔によって肌が乾燥すると、乾燥を改善するためにさらに皮脂分泌が増えてしまいます。

保湿を心がける

妊娠中の肌は乾燥しやすい状態にあります。しっかりと保湿ができていないと、乾燥から肌を守るために皮脂が過剰に分泌するので要注意。皮脂分泌がさらに多くなると大人ニキビもできやすくなります。

また、妊娠中は肌が敏感になっているので、なるべく低刺激の化粧品を選ぶのも、肌トラブルを起こさないポイントです。

アベンヌとココナッツオイル

post013-02

妊娠して肌質が変わってしまい、今まで使っていた化粧品が合わなくなった。という人も多いと思います。

そんなとき試してみて欲しいのが、アベンヌとココナッツオイルによる保湿ケア。すごくシンプルですが、保湿効果はかなり高いです。ココナッツオイルは肌トラブルにも強く、何より肌に優しいので、是非試してみて下さい。


栄養不足で肌荒れになることも

妊娠中は食べた物の栄養が全て自分の体だけに吸収されるのではありません。赤ちゃんにも栄養が届くようになっていますから、それだけ栄養分も赤ちゃんに必要だと言うことになります。

妊娠中の肌荒れはホルモンバランスによって起こることがほとんどですが、それに加えて栄養不足からも肌荒れがひどくなることがあります。最近特に肌荒れがひどいと思ったら妊婦さんに必要な10種の栄養素の記事を参考に、栄養バランスをもう一度見直してみましょう。

妊娠中も美しくありたいと願うのは女性として当たり前のことだと思います。妊娠中の体の変化を正しく理解することで、正しい美容を心がけたいですよね。

関連記事

「体調管理」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ