むくむからって控えちゃダメ!妊婦さんの正しい水分補給方法

post012

妊娠中は頻繁に体がむくみますので、水分はあまり摂らない方がいいのかなあと思う妊婦さんも多いようです。

しかし、水分不足になるとお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことになる上に、むくみもさらに悪化します。

水分補給がちゃんとできていない妊婦さんは、いますぐに水分補給を始めるべきですよ!

どうして水分補給が大事なのか?

妊婦さんにとってとても重要な水分補給。水分補給を控えることでどのようなことが起こってしまうのでしょうか?ここで詳しくご説明します。

妊娠中に水分が足りないとどうなるの?

  • 羊水が汚れやすくなり、お腹の赤ちゃんの皮膚疾患発症率が上がる
  • 排尿回数が減り、さらにむくみやすくなる、また便秘にもなりやすくなる
  • 妊娠すると汗をかきやすくなることから水分不足で脱水症になる
  • さらに血流が悪くなって赤ちゃんに栄養が行きにくくなる

むくみと水分補給は無関係

妊娠中はしっかりと水分補給をすること!そのように産婦人科医にも言われると思います。

それもあって妊婦さんは水分補給を頑張ろうとするのですが、体がむくんでくると水分を摂りすぎているのかな?と心配になって、水分を控えるようになるケースが多いようです。

しかし、水分補給がむくみを引き起こしているのではありません。妊婦さんはなぜ、体がむくみやすいのかを知って、その誤解を解消しましょう。

どうして体がむくむのか?

妊娠中に体がむくむのは、お腹の赤ちゃんに栄養を運ぶため、血液量が増えることで同時に体内の水分も増加するからです。血液と水分のバランスも乱れやすくなり、皮下脂肪に水分が溜まりやすくなります。

また、胎盤が大きくなってくると、血管が圧迫されて血流が悪くなることでさらに下半身のむくみが進行します。

あまりにもむくむ場合は原因を知ることが大事

水分補給をちゃんとしているのに、むくみがかなりひどい場合は、塩分の摂りすぎやその他の原因が考えれるかもしれません。むくみがひどいからといって水分補給を控える前に、原因をもっと探ることが大事です。


お腹の赤ちゃんのためにも、水分補給は正しく行なうべきですね。ここでは、妊婦さんのための水分補給のポイントをご紹介します。

妊婦さんのための水分補給のポイント

1日にどれくらい水を飲めばいい?

妊婦さんが1日に飲むべき水分の量は、1.5L〜2Lです。汗をかく量がかなり多い場合は、もう少し多い目に飲むなどの工夫をしましょう。水分は一気に補給してしまうのではなく、少量を何度にも分けて補給するのがポイントです。

どんな飲み物がいい?

飲み物は基本的に水か麦茶が好ましいです。水や麦茶以外には、ほとんどの場合カフェインか糖分が含まれています。カフェインと糖分の摂りすぎは、妊娠中はNGです。

コーヒーや紅茶、緑茶にさえもカフェインは含まれています。ジュースはフルーツジュースや野菜ジュースであっても糖分が含まれています。

また、夏には冷たい飲み物が欲しくなりますが、体を冷やさないためにも常温かホットの飲み物を飲むように心がけましょう。

赤ちゃんに十分な栄養を届けるためにも、きれいな羊水を保つためにも、水分補給はとても大事です。妊婦さんの水分補給のポイントをおさえて、正しく水分補給をしましょう。

関連記事

「体調管理」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ