妊娠中に花粉症の薬は大丈夫?妊婦さんの花粉対策まとめ

post028

つらいつらい花粉症。毎年花粉の季節になると、薬で症状を抑えないと、生活もままならなくなる。という人も少なくはないと思います。

そんな手放せない花粉症の薬ですが、妊娠中は飲んでも大丈夫なのでしょうか。また、薬に頼らず、妊婦さんが花粉症の時期を乗り切るために出来る対策についても紹介していきたいと思います。

妊娠初期は薬は飲まない方が良い

鼻アレルギー診療ガイドラインで、妊娠15週目までは極力、薬の服用は避けた方が良いとされています。そのため、妊娠4ヶ月を過ぎるぐらいまでは、薬は飲まない方が安全です。これは内服薬はもちろん、目薬や点鼻薬も同様です。

飲まないに越したことはないけど・・・

post028-01

どうしても薬なしでは生活が出来ないという場合は、市販薬ではなく、医師と相談して薬を処方してもらいましょう。

また、目薬や点鼻薬は、局所的なものなので、胎児への影響はまず心配する必要がないとされています。どうしても症状に我慢が出来ない場合は、内服薬よりも先に、点眼薬や点鼻薬を使いましょう。

こんなことを言うと怒られそうですが…。花粉症の季節に、妊娠初期がぶつかってしまったことを運が無かったと諦めるしかありません。

妊娠5ヶ月以降は飲める薬が増える

妊娠中期以降も薬を飲まないに越したことはありません。が、初期に比べれば胎児へのリスクはかなり低くなると言われています。

安全性が高く、妊娠中に処方されることが多い花粉症薬

鼻アレルギー診療ガイドライン:妊婦へのアレルギー性鼻炎用薬剤投与のリスクより

  • ポララミン(内服薬)
  • クラリチン(内服薬)
  • ジルテック(内服薬)
  • フルナーゼ(鼻噴霧用薬)
  • ナゾネックス(鼻噴霧用薬)
  • アラミスト(鼻噴霧用薬)

ポララミンについては、安全性が高いということで処方される薬ですが、副作用(眠気やだるさ)が強く出るので、生活に支障をきたす場合もあります。

もちろん、どんなに安全と言われても100%リスクが無いというわけではありません。しかし、花粉症の症状を我慢することによるストレスも、胎児に良いものではありません。

あまりに症状が酷く、毎日イライラしてしまうようであれば、医師と相談して、薬を処方してもらいましょう。

薬に頼らない花粉症対策

post028-02

花粉症対策の基本ですが、薬に頼らないのであれば、下記4つは必ず実践しましょう。

そして、家族に協力を仰ぐことも大切です。自分だけ頑張っても、花粉は家の中を飛び回ってしまいます。

  • 家に帰ったらシャワーを浴び、服を着替える
  • 洗濯物を外に干さない
  • 空気清浄器の使用
  • 外出するときはマスク、メガネの着用

花粉の飛散の多い時期は、空気の入れ替えなども軽々行わず、空気清浄器フル稼働で乗り切りましょう。

花粉やアレルギーに効果のある乳酸菌を摂る

post028-03

一部の乳酸菌には、花粉症の症状緩和の効果を期待できるものがあります。乳酸菌であれば、妊婦さんも安心して摂ることが出来ます。

ただ、薬のような即効性はないので、なるべく早くからヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリ等を摂取し始めると良いでしょう。

フェカリス菌

NPO日本健康増進支援機構の実験結果によると、スギ花粉に対する症状緩和効果が確認されています。

乳酸菌シロタ株

ヤクルトの医療従事者向けサイエンスレポートの中で、シロタ株がアレルギー症状を軽減するという研究結果を報告しています。

L-92乳酸菌

こちらも花粉症への有効性が、日本アレルギー学会などで発表されています。

ヨーグルトなら何でも良いというわけではなく、花粉症やアレルギーに対して効果が確認されている菌種を選んで摂ることが大切です。

抗アレルギー作用がある甜茶(甜葉懸鈎子)

post028-04

花粉症のほか、喘息やアトピーにも効果があるノンカフェインのお茶です。味は、甜茶という文字の通り、少し甘みを感じるのが特徴です。

妊娠中の花粉症対策に飲んでいる人も多いですが、市販の甜茶のパッケージには、妊娠中の方は医師に相談して下さい。という注意書きが記載されています。不安な場合は確認してからにしましょう。

注意点

甜茶には4種類あるのですが、抗アレルギー作用をもつポリフェノールが含まれているのは、バラ科の甜葉懸鈎子(てんちゃけんこうし)だけです。

最近では、ドラッグストアなどでも購入できますが、その際はバラ科の甜葉懸鈎子であることを確認してから買いましょう。

また、恐らくほとんどの甜茶は中国原産です。最近、中国産の食品は何かと問題になっているので、安全面で気になる人は、避けた方が良いかもしれません。

まとめ

どれだけ頑張って花粉症対策を実践したとしても、飛散ピーク時にはどうにもならない。というのが、花粉症の現実だと思います。症状の重い人、軽い人はいますが、薬に頼らないのであれば我慢を強いられるのは避けられません。

妊婦健診などで通院している産婦人科で、グチを混ぜつつ、相談してみても良いと思います。話しを聞いてもらうだけでも、精神的には多少スッキリするものです。

また、医師によって、薬に対して考え方が異なるので、もしかしたら服用しても大丈夫と言われるかもしれません。しかし、基本的には妊娠初期は薬を服用しないに越したことはない。です。

全ては赤ちゃんのためです。頑張って花粉症シーズンを乗り切りましょう!

関連記事

「体調管理」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ