市販の風邪薬はダメ?妊娠中の風邪で気をつけるべきこと

post004

妊娠中は初期中期後期とそれぞれに体の変化が現れるために、いつもより体調管理が難しかったりしますね。季節的に乾燥しやすい冬には、風邪を引いてしまうということも多くなります。

ここでは、妊娠中の風邪について詳しくお話しします。

妊娠中の風邪は赤ちゃんに影響ある?

妊娠していなければ、少しの風邪くらい平気だと思いますが、お腹に赤ちゃんがいるとなると、話は違ってきます。妊娠中に風邪を引くと、赤ちゃんにはどのような影響を及ぼすことになるのでしょうか?

お母さんの風邪が赤ちゃんに及ぼす影響

羊水の温度が上昇する

風邪による発熱で38度以上になってくると、羊水の温度も上がってしまうので、赤ちゃんにも影響が出てきます。高温状態が続くようであれば、すぐに病院に行きましょう。

咳によって早産の確率が上がる

妊娠初期に風邪を引いて咳が長引いている場合、咳をした時に腹筋に力を入れることでまだ不完全な胎盤に影響が出て、流産してしまう可能性があります。

妊娠後期の場合は、咳が続くことで子宮口が開き、早産する可能性が高くなるので、それぞれに注意が必要です。

風邪薬は病院で処方してもらうこと

post004-01

妊娠中に風邪を引いてしまったら、自分で治そうとするのではなく、なるべく早くに病院に行くことが大事です。風邪をこじらして、感染症などを引き起こさないようにするためにも、早めに病院に行くようにしましょう。

大抵の場合は、病院で処方してもらった風邪薬を飲めば、早く治ります。

市販の風邪薬はあまり飲まない方がいい

市販の風邪薬には、赤ちゃんに悪い影響を及ぼす成分が入っていることがあります。風邪薬の種類によってそれは変わってきますし、それぞれの体質もありますから、この風邪薬なら大丈夫だと言う保証はありません。

市販の風邪薬は、お腹の赤ちゃんのことも考えて避けるべきです。

診察をしてもらった上で風邪薬を処方してもらう

いつも通院している産婦人科で風邪の症状を診てもらってから、風邪薬を処方してもらうのが一番安全です。

いつも通院しているだけあって、お母さんの体の変化もよくわかってもらえていると思います。お腹の赤ちゃんの状態も診てもらいながらの風邪薬の処方ですから確実ですね。


まだ、風邪までとはいかなくても、なんとなくだるい、寒気がする、首や肩が凝ると言った風邪の引きはじめの頃には、市販薬なら葛根湯がオススメです。

引きはじめの頃は、病院に行こうかどうか迷ってしまうと思います。体調が悪いと余計に通院も億劫になると思いますから、引きはじめに気づいたら葛根湯を飲んでみてはいかがでしょうか?

風邪引き始めには葛根湯がおすすめ

post004-02

なぜ、妊娠中なのに葛根湯だけは飲んでもいいのか?それは、葛根湯が漢方薬だからなのです。

漢方の風邪薬は東洋医学から生まれた薬であり、風邪のウイルスに働きかけると言うよりも自然治癒力を高めて風邪を撃退しようとするものです。

つまり、葛根湯がそれに当たるわけですが、西洋医学から生まれた風邪薬とは効き方が違うからこそ、葛根湯は引きはじめにしか効かない風邪薬なのです。

妊娠中はなるべく風邪を引かないようにしたいものですが、どうしても引いてしまうこともありますね。そんな時は、必ずすぐに病院に行くようにしましょう。また、普段からはうがいや手洗いでしっかりと風邪予防をしましょう。

関連記事

「体調管理」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ