太り過ぎはNG!無理のない運動で体重増加を防止しよう

post001

妊娠をすると、まずはじめに栄養管理を重視されます。そのため、アレを食べてはいけない、アレはもっと食べた方がいいという選択を毎日しなければいけなくなりますが、それもお腹の赤ちゃんのためだと思うと幸せな悩みですね。

問題は、体重管理です。栄養をしっかり考えながら、しっかり食べていても、体重が増えて運動不足になってしまうと、赤ちゃんにも影響が出てしまいます。ここでは、妊婦さんの体重管理についてお話しします。

栄養管理の次に重視したい体重管理

妊娠すると、食事の方にばかり気を取られがちですが、実は運動も大事です。栄養バランスをしっかり取っていれば太らないはずなのですが、妊婦さんはホルモンバランスの関係で体重が脂肪がつきやすくなっています。

体重は増えすぎても減りすぎても赤ちゃんに取っては良くないのですが、無理のない食事制限とともに、適度な運動も心がけながら適正体重をキープして行きたいですね。

妊婦の体重が増えすぎるとどうなるの?

  • 赤ちゃんが将来肥満になる確率が上がる
  • 赤ちゃんが将来成人病になる確率が上がる
  • 赤ちゃんの寿命が縮まる(若くして死亡する)

無理な食事制限は絶対にしないこと×

体重増加を防ぐには食事制限をすればいい!と思う妊婦さんもいるかもしれませんが、ダイエット感覚での食事制限ではなく、妊婦としての栄養バランスを考えた上で食事制限をしなければ栄養不足になって赤ちゃんに悪い影響を及ぼすことになります。

炭水化物を減らしすぎると

炭水化物を減らしてダイエットをする人が多いですが、あまりにも減らしすぎてしまうと、赤ちゃんが将来肥満になる確率が上がるのです。炭水化物を減らしたことで、食べ物が不足しているとお腹の赤ちゃんは判断して脂肪細胞を増やすために、将来肥満になる確率が上がってしまうのです。

産婦人科の指導に従うこと

栄養バランスを考えた上での体重制限は、基本的に産婦人科医の指導に従うことが大切です。自分で判断して、妊娠前に行なっていたダイエット法を実践したりすると母体の体調も悪くなる可能性があります。

妊婦さんにオススメな運動方法

体重増加対策のための食事制限もある程度は重視しなければいけませんが、適度な運動も心がけるべきです。

軽いウォーキング

妊婦さんに一番オススメしたい運動が、軽いウォーキングです。おしゃべりをしながらでも息が切れない程度のペースで1日20分以上のウォーキングをすると、体もスッキリして体重増加も防げます。

マタニティヨガ

ここ数年で流行っているマタニティヨガ。妊婦さん向けのヨガプログラムで無理なく運動不足が解消できます。スポーツクラブなどでは、必ずと言っていいほど、マタニティヨガの教室があると思いますから利用してみるといいでしょう。

妊婦さんの痩せすぎも太りすぎも、それぞれに問題はありますが、体重増加対策としては、食事制限よりも運動によるストレス解消も兼ねて無理のない運動を心がけていくべきですね。

関連記事

「運動」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ