妊娠初期は要注意!運動で気をつけなければいけないこと

post003

妊娠中はお腹の赤ちゃんの安全を考えて、あまり動かない方がいい、安静にしていた方がいいと思いすぎると、今度は運動不足になってしまいます。

運動不足は運動不足で、これもまたお腹の赤ちゃんや安産の面から見るとよくありません。ここでは、妊娠中の運動についてお話しします。

妊娠中は運動しても大丈夫?

妊娠中に全く運動をしないというのもそれはそれで問題です。ある程度の運動をして下半身の筋肉の強化をしておかなければ、安産が困難になることもあるのです。

つまり、どんな運動ならしてもいいのか?という話になってくるのです。中でも妊娠初期の運動には、少し注意をしなければいけません。

妊娠初期の激しい運動は危険

運動不足によって安産が難しくなると言われると、妊娠初期から張り切って運動を始めようとする妊婦さんが時々いますが、あまり張り切り過ぎても大変なことになる場合もありますから要注意です。

例えば、こんな運動は妊娠初期は特に避けなければいけません。

早いペースでジョギングをする

とにかく下半身の筋肉を強化するためにと、張り切ってジョギングをしたり、早いペースで走るのはおすすめできません。

妊娠初期はまだ胎盤も落ち着いていませんし、赤ちゃんの成長も著しいので、早いペースで走ることで流産をまねく恐れがあります。

激しい球技をする

バスケットボールやバレーボール、テニスなどの球技も妊娠初期には特におすすめできません。

ストレスは解消できていいのかもしれませんが、急に走り出したりしなければいけなかったり、時にはジャンプをしたりといった行為もありますから、とても危険です。

山登りをする

ウォーキングのような感覚で山登りをする妊婦さんが時々いますが、山登りは坂道のために転倒してしまう可能性がとても高いですね。

特に下り坂は、足下がふらつきやすく、転倒してしまう恐れがありますから要注意です。妊婦さんは特に転倒に気をつけなければいけません。


妊婦さんがやってはいけない運動はご紹介した通りですが、逆にオススメしたい運動方法もあります。妊婦さんに適した運動方法で安産を心がけたいですね。

リラックスできる運動がオススメ

妊娠の初期、中期、後期に関わらず、妊婦さんにオススメしたい運動はゆったりしたペースで行なえるリラックスできる運動です。

転倒の心配もなく、体のバランスをある程度守った上で行なえる運動が相応しいです。

例えば、ヨガやピラティスは呼吸法も取り入れながらゆったりと時間をかけて行なえる運動なので、とてもオススメです。他にはウォーキングもゆったりしたペースならオススメです。景色を楽しみながら、散歩をするような感覚で楽しむとリラックス効果も高いです。

いかがでしたか?妊娠中は運動不足にならないように心がけなければいけませんが、張り切って激しい運動をして、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼさないよう、十分に注意しましょう。

関連記事

「運動」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ