その行為大丈夫?妊娠中にやっていいこと悪いこと

post016

普段なら大丈夫だけど、妊娠中だからやってはいけない行為がありますよね。これもダメ、あれもダメだと考えすぎると気にしすぎて動けなくなってしまいますが、ある程度の注意も必要です。

その行為大丈夫ですか?

妊娠中は、ひとつひとつの行為に移る前に、少し冷静になって、お腹の赤ちゃんに影響はないかを考えながら行動していかなければなりません。

少しくらい大丈夫といい加減に考えていると、大変なことになります。妊婦さんだけではなく、ある程度、周りの人たちも理解してあげることも大事です。

こんなことしてもいいの?

  • 温泉は?
  • 鍼灸院は?
  • サウナは?
  • エクササイズは?

などなど、考えていくうちにいろんな疑問が湧いてくると思います。

妊娠中にやってはいけないこと

妊娠中にやってはいけないことは実は結構あります。一回だけその行為をやったからといって大変なことにはならなかったとしても、積み重ねでお腹の赤ちゃんに影響が出てしまうこともあります。

ここでは、妊娠中にやってはいけない行為をご紹介します。

サウナに入る

サウナは急に体温が上がるので妊娠中はとても危険です。急に体温が上がることでお腹の赤ちゃんの心拍数も急に上がってしまい、悪影響を及ぼします。

高いところに登る

少しくらいなら、脚立に乗っても大丈夫だろうという甘い考えでいると、ちょっとした隙に転倒してしまうこともあります。

家事をしていて、高いところにある物を取らなければいけない場面が出てくることもありますが、そんな時は家族の誰かにとってもらうようにしましょう。

重いものを運ぶ

重いものを運ぶのは絶対にダメな行為です。ちょっと移動させるだけでも危険ですから、重いものは絶対に持たないようにしましょう。

重さの感じ方は人それぞれだと思いますが、少しでも重いと感じたら持つのはやめて、周りの人に頼むようにしましょう。


妊娠中にやってもいいこと

これはあんまりやらない方がいいかも…と思っていたら意外に大丈夫なこともあったりします。ここでは、妊娠中でも意外にやってもいいことをご紹介します。

漂白剤を使う

洗濯の時や食器を洗う時に使う漂白剤には、体に有害な化学成分がたくさん含まれていますね。

漂白剤を使う時にもしも有害物質を吸い込んでしまったら大丈夫かと心配になると思いますが、換気扇を回していれば大丈夫です。

鍼灸院に通う

妊娠前から鍼灸院に通っていたという人もいることでしょう。腰痛などの理由で通っている妊婦さんもいると思いますが、鍼灸師に妊娠中であることを説明していれば大丈夫です。

パソコンやスマートフォンの多用

パソコンやスマートフォンを使うことで電磁波の影響を受けないかと心配になる妊婦さんも多いようですが、電磁波によって流産するという話はただの噂であり、病院などでも注意を受けることはありません。

家にこもることで運動不足にならなければ、パソコンやスマートフォンの使用も大丈夫です。

いかがでしたか?妊娠中でもやっていいこと、悪いことをしっかり把握して、お腹の赤ちゃんに影響が出ないように注意して過ごすようにしましょう。

関連記事

「生活」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ