妊娠中は夫婦仲が悪くなる?喧嘩が増える原因と対策法

post006

妊婦さんは、精神的に不安定でイライラもすればクヨクヨすることが多くなります。情緒不安定なために自己嫌悪に陥ることも多くなり、夫婦喧嘩も多くなる傾向にあります。

ここでは、妊娠中に夫婦仲が悪くなってしまった時の対処法をお話しします。

妊娠中は夫婦喧嘩が増えるの?

妊娠中は、情緒不安定でイライラやクヨクヨを繰り返すこともあり、一番身近にいる夫にその感情をぶつけたり、いつもは許せることでも、イライラがおさまらずに、夫婦喧嘩に発展してしまうこともあります。

一体、どういったことがきっかけで夫婦喧嘩に発展するのかをお話しします。

どんなことで喧嘩をするのか

家事をしてくれるけど出来てない

夫が色々家事を手伝ってくれるけれども、普段やっていないこともあり不慣れで出来てないことが多いことに対してイライラして文句を言ってしまうケースです。

仕事で疲れたと言って手伝わない

家事を手伝うどころか、仕事で疲れたと言って家では何もしてくれないことに失望して夫婦喧嘩になるケースです。

自分の方が疲れていると言う言動をもらす

妊婦と言っても家で休んでいるだけだからという理由で、本当に疲れているのは仕事に行っている自分だという言動をもらした時に妻のイライラが爆発して夫婦喧嘩に発展するケースです。

情緒不安定とホルモンバランスの関係性

妊娠中は、赤ちゃんがちゃんと育ってくれるかどうかという不安も募って情緒不安定になることも多いですが、実はそれだけの理由で情緒不安定になるわけではありません。そこには女性特有のホルモンバランスの乱れが関係しているのです。

なぜ、情緒不安定になるのか?

女性は生理前になるとイライラしたり情緒不安定になりますよね?つまり、ホルモンのうちのプロゲステロンが生理前には優位になっているので、それによって情緒不安定になってしまうのです。

妊娠中に優位になっているホルモンもプロゲステロンです。プロゲステロンは自律神経の副交感神経を刺激する特徴を持っており、それによって興奮状態をまねいて情緒が不安定になってしまいます。

周りに理解してもらうことも大事

妊娠中のプロゲステロンの働きによってイライラしたりという情緒不安定な症状は、妊婦さん本人の性格とはあまり関係のないもので、ホルモンの乱れによってそうなってしまっているのです。

そのことを夫をはじめとする周りの家族にも理解してもらい、一人ではなく家族とともに乗り越えることが大事です。


妻の情緒不安定は妊娠によるホルモンバランスの乱れだと言うことはわかっていても、それをなかなか受け入れられない夫もいると思います。

お互いにわかっていても夫婦喧嘩が絶えない場合は、それなりの対策を考えた方がいいかもしれません。

夫婦喧嘩があまりにも多い場合は…

夫婦喧嘩によって妻の精神状態が悪化して行くとお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすことになります。

これ以上、夫婦仲を乱さないためにも、お腹の赤ちゃんのためにも、妻の方が実家に変えるなどして少し環境を変えてみるのもいいかもしれません。

このように赤ちゃんを産むまでにも夫婦で取り組まなければいけないことはたくさんあります。喧嘩するほど仲がいいとも言いますが、妊娠中はなるべく避けたいものですね。

「生活」の記事一覧へ

妊婦さん応援ブログ TOPへ

このページの先頭へ